物には時節

【読み】 ものにはじせつ
【意味】 物には時節とは、何事にも、それをするのに適した時機というものがあり、それを外して行っても上手くはいかないということ。

【物には時節の解説】

【注釈】 物事にはちょうどいい時機があるのもので、頃合いを逃して成功はない。何でもやればよいうというものではないという戒めの言葉。
「時節」とは、時機、好機のこと。
「物は時節」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 好機逸すべからず/事は時節/物に時あり
【対義】 思い立ったが吉日
【英語】 There is a time for all things. / Everything has its time.(何事にも潮時がある)
【用例】 「今、謝罪に伺ったところで、かえって相手の反感を買うだけだから、少し間をあけたほうが良い。物には時節だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス