物は試し

【読み】 ものはためし
【意味】 物は試しとは、何事もやってみないとわからないのだから、最初から諦めないでとにかくやってみるべきだということ。

【物は試しの解説】

【注釈】 どんなことであっても、実際にやってみないと成否はわからないのだから、最初からだめだと決め付けないで、一度試してみるべきだということ。
「試し」とは、物事の良否や真偽などを実際に調べてみること。
【出典】
【注意】 「物の試し」というのは、本来は誤り。
誤用例 「合うかどうかはわからないが、物の試しにその化粧品を買ってみた」
【類義】
【対義】
【英語】 You never know what you can do till you try.(やってみて、初めて自分の能力がわかる)
【用例】 「骨折り損のくたびれ儲けに終わるかもしれないが、そう決め付けてしまっては何も始まらない。とにかく物は試しだ、それをやってみよう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス