門前市を成す

【読み】 もんぜんいちをなす
【意味】 門前市を成すとは、その家を訪ねてくる人がきわめて多いことのたとえ。また、商売繁盛してたくさんの客でにぎわっている様子。

【門前市を成すの解説】

【注釈】 門の前に、まるで市でもひらいているかのように次から次へと人や馬車などが集まり、にぎわうことから転じて。
地位や名声を慕って多くの人が集まることをいう。
【出典】 『漢書』鄭崇伝
【注意】
【類義】 門前市の如し/門庭市の若し
【対義】 閑古鳥が鳴く/鳥の網張る宿/門外雀羅を設くべし/門前雀羅を張る
【英語】 Visitors call on him incessantly.(彼の家にはひっきりなしにお客がやってくる)
【用例】 「ノーベル賞を受賞した人の自宅には取材陣がおしかけて、門前市を成すほどの騒動になった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス