門前雀羅を張る

【読み】 もんぜんじゃくらをはる
【意味】 門前雀羅を張るとは、訪ねてくる客もなく、さびれている様子。

【門前雀羅を張るの解説】

【注釈】 訪れる人がいないため、門の外に網を張って雀を捕まえられるほど閑散としたさまから、誰も訪れる者がおらず、さびれてひっそりとしているさまをいう。
『史記』には「門外雀羅を設くべし」とある。
「雀羅」とは、雀を捕らえる網のこと。
【出典】 『史記』
【注意】 「門前市を成す」と混同して使うのは誤り。 誤用例 「今は跡形もなくなってしまったが、あの店は以前は門外雀羅を張るほどの賑わいだった」
【類義】 閑古鳥が鳴く/鳥の網張る宿/門外雀羅を設くべし
【対義】 門前市の如し/門前市を成す/門庭市の若し
【英語】
【用例】 「ほんの一年前は何日も前から予約をとらなきゃ入れない店だったのに、今じゃすっかり門前雀羅を張る有様だ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

門前雀羅を張る(もんぜんじゃくらをはる)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
門前雀羅の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス