門前の小僧習わぬ経を読む

【読み】 もんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ
【意味】 門前の小僧習わぬ経を読むとは、日頃から見たり聞いたりしているものは、いつのまにか覚えてしまうものだということのたとえ。

【門前の小僧習わぬ経を読むの解説】

【注釈】 寺の門前に住んでいる子供や、いつも僧のそばにいる子供は、日頃から僧の読経を聞いているから、いつのまにか般若心経くらいは読めるようになるということから。
人は自分の置かれている環境によって、無意識に影響を受けているという意味が込められている。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 勧学院の雀は蒙求を囀る/知者の辺の童は習わぬ経を読む/鄭家の奴は詩をうたう/寺の辺の童は習わぬ経を読む
【対義】 習わぬ経は読めぬ
【英語】 A saint's maid quotes Latin.(聖人の家の使用人はラテン語を引用する)
A good candleholder proves a good gamestar.(優れたろうそく持ちは立派な賭け事師になる)
※ 昔はろうそくの灯りで賭け事をしており、ろうそくを持つ仕事をしている者は仕事の傍らゲームのやり方を覚えた。
【用例】 「門前の小僧習わぬ経を読むで、うちの子はまだ幼稚園児だがiPhoneを使いこなしているよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス