諸刃の剣

【読み】 もろはのつるぎ
【意味】 諸刃の剣とは、一方では非常に役立つが、他方では大きな損害をもたらす危険もあるというたとえ。また、相手に打撃を与えるが、自分もそれと同等の打撃を受けるおそれがあるというたとえ。

【諸刃の剣の解説】

【注釈】 両方の縁に刃のついている剣は、人を斬ることもできるが一つ間違えれば自分自身も傷つけてしまう恐れがあることから。
「両刃の剣」とも書き、「両刃」は「もろは」とも「りょうば」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「強い薬での治療は効果も得られるが、副作用が強いこともあり、諸刃の剣となるだろう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス