孟母三遷の教え

【読み】 もうぼさんせんのおしえ
【意味】 孟母三遷の教えとは、子供の教育には、よい環境を選ぶことが大事だという教え。また、教育熱心な母親のたとえ。

【孟母三遷の教えの解説】

【注釈】 「孟母」とは、孟子の母親のこと。
「三遷」とは、住居を三度移し変えること。
孟子の家族は、はじめ墓場の近くに住んでいたが、孟子が葬式ごっこをして遊ぶので、市場の近くに引っ越した。
市場の近くに住むと、孟子は商人の真似ばかりして遊ぶので、学校の近くに引っ越した。
すると孟子は礼儀作法の真似ごとをするようになり、孟子の母は「この地こそ子供にふさわしい」と言って、その地に落ち着いたという故事から。
「孟母三遷」「孟母の三遷」「三遷の教え」「孟母の三居」「孟母の教え」とも。
【出典】 『古列女伝』母儀・鄒孟軻母
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「孟母三遷の教えというから、物心つく前に引っ越そう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス