六日の菖蒲、十日の菊

【読み】 むいかのあやめ、とおかのきく
【意味】 六日の菖蒲十日の菊とは、時機に遅れて役に立たないことのたとえ。

【六日の菖蒲十日の菊の解説】

【注釈】 菖蒲は五月五日の端午の節句に用いるもので、五月六日では間に合わない。
また、菊は九月九日の重陽の節句に用いるもので、九月十日では間に合わないことから。
「十日の菊、六日の菖蒲」、単に「六日の菖蒲」「十日の菊」とも。
「菖蒲」は「しょうぶ」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】 後の祭り夏炉冬扇/喧嘩過ぎての棒乳切り
【対義】
【英語】 a day after the fair.(縁日の翌日)
【用例】 「今頃のこのこ現れても、六日の菖蒲十日の菊というものだから帰りたまえ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

六日の菖蒲の意味・語源・由来 - 語源由来辞典
十日の菊の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス