昔取った杵柄

【読み】 むかしとったきねづか
【意味】 昔取った杵柄とは、若い頃に身に付けた技量や腕前のこと。また、それが衰えないこと。

【昔取った杵柄の解説】

【注釈】 若い頃に身に付けた餅をつく腕前は、年をとっても体が覚えているため衰えないことから。
「杵柄」とは、脱穀や餅つきに用いる杵の握る棒状の部分のこと。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
「取った」は「操った」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】 騏驎も老いては駑馬に劣る昔千里も今一里/昔の剣今の菜刀
【英語】 Utilizing one's experience of former days.(往年の経験を生かす)
【用例】 「昔とった杵柄というやつで、野球なら得意だから任せておけ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス