無理が通れば道理引っ込む

【読み】 むりがとおればどうりひっこむ
【意味】 無理が通れば道理引っ込むとは、道理に反することがまかり通る世の中なら、道理にかなった正義は行われなくなるということ。

【無理が通れば道理引っ込むの解説】

【注釈】 道理にかなわない不正が平気で通用するようになれば、道理にかなった正しいことが行われなくなるという意味。
また、いくら道理(正しい筋道)を主張しても聞き入れられない場合は、引っ込んでいるほうが身の安全だということ。
「無理」とは、道理に反し、正しい筋道が通っていないこと。
「無理が通れば道理が引っ込む」「無理が通れば道理そこのけ」「道理そこのけ無理が通る」ともいう。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「無理に通れば道理引っ込む」というのは誤り。
【類義】 石が流れて木の葉が沈む勝てば官軍、負ければ賊軍/力は正義なり/非理の前には道理なし/無理も通れば道理になる/理に勝って非に落ちる/理に勝って非に負ける
【対義】 道理に向かう刃なし
【英語】
【用例】 「今回ばかりは、無理が通れば道理引っ込むような国策に、国民も我慢できないだろう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス