無用の用

【読み】 むようのよう
【意味】 無用の用とは、役に立たないと思われているものが、実際は大きな役割を果たしているということ。

【無用の用の解説】

【注釈】 役に立たないように見えるものでも、かえって役に立つこともある。この世に無用なものは存在しないという教え。
『老子』には「埴をうちて以て器を為る。その無に当たりて器の用有り(粘土をこねて器を作る。器の中にある空間は一見無用に見えるが、その空間があるから器が作れるのだ)」とあり、『荘子』には「人は皆有用の用を知るも、無用の用を知る莫きなり(人はみんな明らかに役立つものの価値は知っているが、無用に見えるものが人生において真に役立つものだとは知らない)」とある。
「無用」とは、「役に立たないもの」の意味。
【出典】 『老子』 『荘子』
【注意】 「無用の要」と書くのは誤り。
【類義】 不用の用/無駄方便
【対義】
【英語】
【用例】 「役立たないと決めつけて、安易に捨てないでくれ。無用の用ということもあるのだから」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス