無いが意見の総じまい

【読み】 ないがいけんのそうじまい
【意味】 無いが意見の総じまいとは、放蕩や遊興にふける者は、金を使い果たせば自然におさまるということ。

【無いが意見の総じまいの解説】

【注釈】 「意見の総じまい」とは、すべての意見を言い尽くすということ。
放蕩者は金があるうちは何度忠告されても遊びをやめないが、金が無くなってしまえば、おのずと遊ぶことが出来なくなるので、最後の忠告と同じ効果を効果をあらわす意味から。
【出典】
【注意】
【類義】 親の意見より無い意見/無いとこ納め
【対義】
【英語】 An empty purse, and a finished house, make a man wise, but too late.(空の財布と破綻した家が人を賢くするが、それでは手遅れである)
【用例】 「無いが意見の総じまいで、誰からの忠告も聞かなかった人が、一文なしになってやっと遊び癖がなおったそうだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス