無い袖は振れない

【読み】 ないそではふれない
【意味】 無い袖は振れないとは、実際に無いものはどうしようもないということのたとえ。

【無い袖は振れないの解説】

【注釈】 袖の無い着物では、どうしたって袖を振ることはできないということから、持ち合わせの無いものはどうすることもできないということ。
着物の袖は財布を入れておくところなので、袖が無いのは金が無いということで、金銭的な援助を申し込まれたときや、返済を迫られた場合などに使う。
「無い袖は振れぬ」「無い袖は振られぬ」「有る袖は振れど無い袖は振れぬ」とも。
【出典】
【注意】 金銭ではなく、意見や考えを出す場合に言うことは避けたい。
誤用例 「みんなで集まって解決策を考えろと言われたが、この状況でいい考えなど浮かぶはずがない。無い袖は振れないというものだ」
【類義】
【対義】
【英語】 An empty bag will not stand upright.(空の袋はまっすぐには立たない)
A man cannnot give what he hasn't got.(持っていない物は与えられない)
Nothing comes from nothing.(無中有を生ぜず)
【用例】 「援助したいのは山々だが、こちらも経済的に追い込まれている。無い袖は振れないよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス