泣く子と地頭には勝てぬ

【読み】 なくことじとうにはかてぬ
【意味】 泣く子と地頭には勝てぬとは、道理の通じない者や権力者にはどうやっても勝てないから、無理を言われても従うしかないということ。

【泣く子と地頭には勝てぬの解説】

【注釈】 道理の通じない赤ん坊(泣く子)や権力者(地頭)とは、いくら争っても無駄であるということから。
地頭とは、平安・鎌倉時代に荘園を管理し、税金を取り立てていた役人のこと。権力を振りかざして横暴を働いていた。
「泣く子と地頭には勝たれぬ」とも。
【出典】
【注意】 「泣く子と地蔵には勝てぬ」は誤り。
【類義】 勝てば官軍、負ければ賊軍/主人と病気には勝てぬ/力は正義なり/強い者勝ち/長い物には巻かれろ/童と公方人には勝たれぬ
【対義】
【英語】 We must fall down before a fox in season.(我々は頃合いを見計らってキツネの前にひれ伏さなければならない)
The crying child and my lord will have their own ways.(泣く子と殿様は思いを通す)
【用例】 「あんなに厳格で頑固な彼が、孫に甘えられるとどんな無理でもきいてしまうらしい。泣く子と地頭には勝てぬということだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス