鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす

【読み】 なくせみよりもなかぬほたるがみをこがす
【意味】 鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がすとは、口に出してあれこれ言う者より、口に出して言わない者のほうが、心の中では深く思っていることのたとえ。

【鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がすの解説】

【注釈】 蝉は鳴くが光らず、鳴くことのできない蛍は身を焦がさんばかりに光っているところから。
ままならぬ恋愛の心情を謡った「恋に焦がれて鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす」という都都逸がある。
単に「鳴かぬ蛍が身を焦がす」とも。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 Light cares speak, great ones are dumb.(小さな心配事は語り大きな心配事は黙る)
【用例】 「鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がすで、彼女は恋人の話をあまりしないが、実際は相当に惚れているらしい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス