無くて七癖有って四十八癖

【読み】 なくてななくせあってしじゅうはっくせ
【意味】 無くて七癖あって四十八癖とは、人は誰しも多かれ少なかれ癖があるということ。

【無くて七癖あって四十八癖の解説】

【注釈】 癖が無いように見える人でも何かしらの癖があるもので、癖があるといわれる人ならば、尚更多くの癖があるものだということから。
「七」は「無くて」の「な」に音を合わせ、調子を合わせたもの。
「四十八」は、相撲で「四十八手」というように、十分多いことを表す。
【出典】
【注意】
【類義】 無くて七癖/難なくして七癖/人に七癖我が身に八癖/人に一癖/人に一癖馬に馬癖
【対義】
【英語】 Every man has his faults.(人には誰でも欠点がある)
【用例】 「無くて七癖あって四十八癖というが、本当にあの人は癖だらけだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス