生兵法は大怪我のもと

【読み】 なまびょうほうはおおけがのもと
【意味】 生兵法は大怪我のもととは、中途半端な知識や技術に頼ると、かえって大失敗をするということのたとえ。

【生兵法は大怪我のもとの解説】

【注釈】 少しばかりの知識や技術を知っていると、それに頼って大怪我をすることがあるという戒め。
浅い知識やうろ覚えの技術は、かえって危険なものである。
「生兵法」とは、ちょっと聞きかじった兵法や武術のこと。
「生兵法は怪我のもと」「生兵法は大疵(おおきず)のもと」ともいう。
「もと」は「元」「基」「本」とも書く。
【出典】
【注意】 「生兵法」を「なまへいほう」と読むのは誤り。
【類義】 生悟り堀に落ちる/生物識り川へはまる/生物識り地獄に落ちる
【対義】
【英語】 A little learning is a dangerous thing.(少しばかりの知っていることは危険である)
【用例】 「まだプロになってから日も浅いのに、チャンピオンに挑戦するのはやめておいたほうが良い。生兵法は大怪我のもとだよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス