怠け者の節句働き

【読み】 なまけもののせっくばたらき
【意味】 怠け者の節句働きとは、普段怠けている者に限って、休日に働き出すものだということ。

【怠け者の節句働きの解説】

【注釈】 いつも怠けていて働かないのに、人が休む日になると張り切って働き出す者をあざけって言う言葉。 「節句」は「節供」とも書き、一月七日・三月三日・五月五日・七月七日・九月七日などをいい、この日は働き者でも骨休みを常としていたことから。
【出典】
【注意】 「怠け者の節季働き」というのは誤り。
【類義】 横着者の節句働き/極道の節句働き/怠け者の宵働き/野良の節句働き/無精者の一時働き
【対義】
【英語】 He is an afternoon farmer.(彼は昼過ぎからの農夫)
【用例】 「真面目だとお褒めの言葉をいただいたが、怠け者の節句働きというやつで、日頃はさぼってばかりなんですよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス