蛞蝓に塩

【読み】 なめくじにしお
【意味】 蛞蝓に塩とは、元気をなくして、すっかりしょげてしまうことのたとえ。また、苦手なものを前にして、萎縮してしまうことのたとえ。

【蛞蝓に塩の解説】

【注釈】 ナメクジに塩をかけると、からだが縮むことからいう。
【出典】
【注意】
【類義】 青菜に塩/蛭に塩
【対義】
【英語】
【用例】 「第一志望に合格できなかった彼は、蛞蝓に塩をかけたようになってしまった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス