南船北馬

【読み】 なんせんほくば
【意味】 南船北馬とは、全国各地を旅すること。また、せわしなく旅をしていること。

【南船北馬の解説】

【注釈】 「南船」「北馬」は、共に中国での交通手段のこと。
中国の南部は川が多いので船を用い、北部は山や平原が多いため馬を利用して旅をした。
そういった手段を絶えず利用していることから、頻繁に旅をするという意味になった。
『淮南子』に「胡人は馬を便とし、越人は舟を便とす」とあるのに基づく。
【出典】 『淮南子』
【注意】
【類義】 東奔西走
【対義】
【英語】
【用例】 「南船北馬で、ゆっくり寝る暇もない」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

南船北馬(なんせんほくば)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
南船北馬の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス