習い性と成る

【読み】 ならいせいとなる
【意味】 習い性となるとは、習慣もずっと続けているうちに、自然と身について、ついにはその人の生まれつきの性質のようになるということ。

【習い性と成るの解説】

【注釈】 「習い」は習慣、「性」は性質の意。
『書経・太甲上』に「これ乃の不義、習い性と成る」とあるのに基づく。
【出典】 『書経』
【注意】
【類義】 習慣は自然の如し/習慣は第二の天性なり/習慣は常となる
【対義】
【英語】 Custom is a second nature.(習慣は第二の天性なり)
Habit is a second nature.(習慣は第二の天性なり)
Once a use and ever a custom.(一度癖になると習慣になる)
【用例】 「習い性となるで、夜勤の仕事を辞めた今でも、夜は寝つけなくなった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス