成らぬ堪忍するが堪忍

【読み】 ならぬかんにんするがかんにん
【意味】 ならぬ堪忍するが堪忍とは、どうしても我慢できないことを我慢するのが、本当の意味での忍耐であるということ。

【成らぬ堪忍するが堪忍の解説】

【注釈】 もう我慢ならぬというところをじっと我慢することこそが、本当の我慢である。
最後まで耐え通さなければ、それまでの我慢もむだになるという教え。
このことわざでの「堪忍」は、こらえる・我慢するの意味で、勘弁するという意味ではない。
【出典】
【注意】
【類義】 韓信の股くぐり/堪忍辛抱は立身の力綱/堪忍の足らぬ人は心の掃除の足らぬ人/堪忍の忍の字が百貫する/堪忍は一生の宝/堪忍は万宝にかえ難し/堪忍は無事長久の基/なる堪忍は誰もする/忍の一字は衆妙の門/忍は一字千金の法則
【対義】
【英語】 Patience is a flowew that grows not in every garden.(忍耐の花は、全ての庭に咲くわけではない)
※「Patience」には、「忍耐」という意味と、植物の名前「ギシギシ」の二つの意味がある。この両義をからませたことわざ。
【用例】 「気持ちは理解できるけれども、ここはぐっと抑えたほうが君のためだ。すべてが無駄にならぬよう、成らぬ堪忍するが堪忍だよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス