習わぬ経は読めぬ

【読み】 ならわぬきょうはよめぬ
【意味】 習わぬ経は読めぬとは、知識や経験のまったくない物事をやれと言われても、できるものではないということのたとえ。

【習わぬ経は読めぬの解説】

【注釈】 習ってもいないお経を読めと言われても読めないように、知らないことをいくらやれと言われてもできないことから。
『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】 門前の小僧習わぬ経を読む
【英語】
【用例】 「習わぬ経は読めぬで、外国人に英語で話しかけられたが、会話することはできなかった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス