名を捨てて実を取る

【読み】 なをすててじつをとる
【意味】 名を捨てて実を取るとは、名誉は人に譲り、実利を取ったほうが賢明だということ。

【名を捨てて実を取るの解説】

【注釈】 名誉や名声などうわべの体裁よりも、実質的な利益を得ることを選ぶほうが、賢明であるということ。
「名」とは、うわべの名目や体裁のこと。
「実」とは、中身や実質の意。
「名を棄てて実を取る」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 名よりも実/名を取るより得を取れ/花より団子/論に負けても実に勝て
【対義】 得を取るより名を取れ/利を取るより名を取れ
【英語】 More profit and less honour.(利益が大きくて栄誉が少ない)
【用例】 「憧れだった職業を夢みるのも良いけれど、たとえ就けたとしても生活していくのは大変だ。名を捨てて実を取ることを考えたほうがいいよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス