猫も杓子も

【読み】 ねこもしゃくしも
【意味】 猫も杓子もとは、誰も彼も、何もかも、一緒くたにというたとえ。

【猫も杓子もの解説】

【注釈】 「禰宜(めこ)も釈子(しゃくし)も」が変化したという説、「女子(めこ)も弱子(じゃくし)も」が変化したという説、または猫や杓子は日常生活において目につきやすいからという説もある。
諸説あるが、正しい語源は不明。
また、『一休咄』には「生まれては死ぬなりけりおしなべて釈迦も達磨も猫も杓子も」とある。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 everyone that can lick a dish.(皿を舐めることができる者は誰でも)
【用例】 「近頃の女性は、猫も杓子もみな同じ形のスカートをはいている」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

猫も杓子もの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス