猫に小判

【読み】 ねこにこばん
【意味】 猫に小判とは、価値の分からない人に貴重なものを与えても何の役にも立たないことのたとえ。

【猫に小判の解説】

【注釈】 猫は鰹節には飛びつくが小判の価値はわからないので、それを当てても何の意味のないことから。
「猫の前に小判」ともいう。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 猫に小判を与えても価値がわからないので安心、という意味で用いるのは誤用。
【類義】 犬に小判/犬に念仏猫に経/犬に論語/兎に祭文/牛に経文/牛に麝香/牛に説法馬に銭/牛に対して琴を弾ず/馬の耳に風/馬の耳に念仏/馬の目に銭/猫に石仏/猫に胡桃をあずける/豚に真珠豚に念仏猫に経
【対義】
【英語】
【用例】 「どんな骨董品でも、価値のわからない人に見せては猫に小判というものだ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

猫に小判の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス