猫に木天蓼

【読み】 ねこにまたたび
【意味】 猫にまたたびとは、非常に好きなもののたとえ。また、それを与えれば効果が著しいことのたとえ。

【猫に木天蓼の解説】

【注釈】 猫にとってまたたびの果実は大好物といわれることから。
「猫にまたたび」の後に続けて、「お女郎に小判」や「泣く子に乳房」とも言う。
【出典】
【注意】
【類義】 牛の子に味噌/泣く子に乳
【対義】
【英語】
【用例】 「猫にまたたびで、彼にはチョコレートさえ与えておけばよい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス