寝耳に水

【読み】 ねみみにみず
【意味】 寝耳に水とは、突然、思いがけない出来事に出くわし驚くことのたとえ。

【寝耳に水の解説】

【注釈】 眠っているときの耳に水の音が聞こえることから、不意の出来事に驚くという意味のことわざ。
耳は、人の体の中で最も無防備な部分の一つであることから。
元々は眠っているときの耳に水の音が聞こえることを言ったが、後に寝ているとき耳に水が入るという意に解されるようになったと言われている。
また、寝ている耳に洪水を知らせる叫び声が届いたという説もある。
「寝耳に水の入るが如し(ごとし)」ともいう。
『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。
【出典】 詩・陸游
【注意】 「青天」を「晴天」と書くのは誤り。
【類義】 足下から雉が立つ/足下から煙が出る/足下から鳥が立つ青天の霹靂/寝耳に擂粉木/藪から棒/窓から槍
【対義】
【英語】 a box on the ear.(横っつらへの一撃)
【用例】 「彼女に連れ子がいたという事実は、彼にとってはまったく寝耳に水の話だった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス