寝た子を起こす

【読み】 ねたこをおこす
【意味】 寝た子を起こすとは、せっかく収まった物事に余計な言動をして、再び問題を起こすことのたとえ。また、潜んでいる欲望をあおって刺激を与えることのたとえ。

【寝た子を起こすの解説】

【注釈】 やっと寝静まった子供をわざわざ起こし、泣かせるという意味から。
「寝ている子を起こす」「寝る子を起こす」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 知恵ない神に知恵つける/知恵のない子に知恵つける/泣かぬ子を泣かす/日向で埃を立てる/平地に波瀾を起こす/藪蛇藪をつついて蛇を出す
【対義】
【英語】 Wake not a sleeping lion.(眠っているライオンを起こすな)
Rip up old sores.(古傷を掻きむしる)
【用例】 「本人たちが納得したのに、寝た子を起こすようなことを何故するのだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス