二度あることは三度ある

【読み】 にどあることはさんどある
【意味】 二度あることは三度あるとは、物事は繰り返し起こる傾向があるものだから、失敗を重ねないようにという戒め。

【二度あることは三度あるの解説】

【注釈】 同じようなことが二度も起きると、さらにもう一度繰り返されることがあるものだから、悪いことがまた起こらないように注意せよということ。
【出典】
【注意】
【類義】 朝あることは晩にある/一災起これば二災起こる/一度あることは二度ある歴史は繰り返す
【対義】 いつも柳の下に泥鰌は居らぬ三度目の正直柳の下にいつも泥鰌はいない柳の下の泥鰌
【英語】 One loss brings another.(一つの損失は別の損失をもたらす)
【用例】 「右手の捻挫が治ったと思ったら、また同じところを怪我した。二度あることは三度あるというから、用心せねば」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス