逃がした魚は大きい

【読み】 にがしたさかなはおおきい
【意味】 逃がした魚は大きいとは、一度手に入れかけて失ったものは、実際よりも大きく(素晴らしく)見えるものだということ。

【逃がした魚は大きいの解説】

【注釈】 三寸ほどの鯛でも、釣り落とせば目の下一尺の鯛に思えてくることから。
「逃げた魚は大きい」ともいう。
「魚」は「うお」とも読む。
【出典】
【注意】 「のがした魚」でも意味は同じだが、「にがした」が一般的。
「のがした」と読む場合、「逃した」と表記する。
【類義】 死ぬる子は眉目よし/死んだ子は賢い/釣り落とした魚は大きい/逃がした物に小さい物なし/逃げた鰻に小さいはない/逃げた鯰は大きく見える
【対義】 逃げた女房にゃ未練はない
【英語】 Every fish that escapes, appears greater than it is.(逃げた魚はみな大きく見える)
You should have seen the fish that got away.(あなたは逃げた魚を見るべきだった)
【用例】 「やはりあの時、どんな手段を使ってでも彼を引きとめるべきだった。逃がした魚は大きい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス