逃げるが勝ち

【読み】 にげるがかち
【意味】 逃げるが勝ちとは、無駄な戦いや愚かな争いなら、避けて逃げるほうが、結局は勝利や利益を得られるということ。

【逃げるが勝ちの解説】

【注釈】 戦いを避けるのは一見卑怯なようにも見えるが、戦うばかりが勝利への道ではなく、時には逃げるほうが得策になるということ。
勝ち目のない喧嘩や、買っても何の利益もない喧嘩なら、しないほうが自分に有利な結果をもたらすといういましめの意味が込められている。
【出典】
【注意】 「逃げれば勝ち」というのは誤り。
【類義】 三十六計逃げるに如かず/征服のための屈服/逃ぐるが奥の手/逃ぐるをば剛の者/逃げるが一の手/逃げるが勝ち/負けて勝つ/負けるが勝ち
【対義】
【英語】 Discretion is the better part of valour.(用心は勇気の大半)
【用例】 「逃げるが勝ちで、あんな非道な連中とは関わるだけ無駄だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス