憎まれっ子世に憚る

【読み】 にくまれっこよにはばかる
【意味】 憎まれっ子世にはばかるとは、人から憎まれるような者ほど、逆に世間では幅をきかせるものであるということ。

【憎まれっ子世に憚るの解説】

【注釈】 「はばかる(憚る)」とは、「幅をきかせる、のさばる」ということ。
「憎まれ子(にくまれご)世にはばかる」「憎まれ子国にはびこる」「憎まれ子世に出る」「憎まれっ子世にはびこる」「悪まれ者世に憚る」ともいう。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「はばかる」には「慎む、遠慮する」という意味もあるが、その意味で使うのは誤り。
誤用例 「憎まれっ子世にはばかるで、彼は昔からどこでも遠慮して小さくなって過ごしている」
【類義】 雑草は早く伸びる/渋柿の長持ち/憎まれ子頭堅し/呪うに死なず
【対義】
【英語】 Ill weeds grow apace.(雑草は早く伸びる)
The more knave, the better luck.(悪党ほど運がよい)
【用例】 「社員全員から嫌われているあの人が、会社でやりたい放題やっている。彼こそが、憎まれっ子世にはばかるだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス