肉を切らせて骨を断つ

【読み】 にくをきらせてほねをたつ
【意味】 肉を切らせて骨を断つとは、自分自身も傷つく覚悟をして、相手により大きな打撃を与えることのたとえ。

【肉を切らせて骨を断つの解説】

【注釈】 自分の肉を切らせておいて、相手の骨を切るという意味から。
そもそもは、剣道で強敵を倒すための極意として使われることば。
【出典】
【注意】
【類義】 皮を切らせて肉を切り、肉を切らせて骨を切る/身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ
【対義】
【英語】
【用例】 「ここまできた以上、肉を切らせて骨を断つ戦法でいくしかない。多少の痛手はやむをえないだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス