忍の一字は衆妙の門

【読み】 にんのいちじはしゅうみょうのもん
【意味】 忍の一字は衆妙の門とは、耐え忍ぶことを身につければ、どんなことでも成功のもとになるというたとえ。

【忍の一字は衆妙の門の解説】

【注釈】 忍耐の忍の一字があらわす精神を常に持つことが、あらゆることを行う上での出発点であり、それが成功に繋がるということ。
「衆妙の門」とは、全てのすぐれた道理の入り口のこと。
【出典】 呂本中『東莱集』
【注意】
【類義】 韓信の股くぐり/堪忍辛抱は立身の力綱/堪忍の足らぬ人は心の掃除の足らぬ人/堪忍の忍の字が百貫する/堪忍は一生の宝/堪忍は万宝にかえ難し/堪忍は無事長久の基/ならぬ堪忍するが堪忍/なる堪忍は誰もする/忍は一字千金の法則
【対義】
【英語】 Abide, friend, your mother bided till you were born.(我慢の子であれ、友よ、きみが生まれるまできみのお母さんも我慢したのだ)
【用例】 「忍の一字は衆妙の門だ、苦しくても朝稽古は最後までやり通しなさい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス