似て非なる者

【読み】 にてひなるもの
【意味】 似て非なるものとは、一見似ているが、本質は異なるもの。いかにも道理に合っているようだが、正しくないもの。まがいもののこと。

【似て非なる者の解説】

【注釈】 孟子のことばで、「似て非なる者を悪む。ゆうを悪むは其の苗を乱るを恐るればなり(外見は似ているが本物とは異なるまがいものをにくむ。田んぼに生えている雑草のはぐさを憎むのは、穀物の苗に似ていてまぎらわしいからだ)」に基づく。
【出典】 『孟子』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「いくら上手に真似たつもりでも、彼の足下にも及ばない。似て非なるものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス