二兎を追う者は一兎をも得ず

【読み】 にとをおうものはいっともえず
【意味】 二兎を追う者は一兎をも得ずとは、欲を出して同時に二つのことをうまくやろうとすると、結局はどちらも失敗することのたとえ。

【二兎を追う者は一兎をも得ずの解説】

【注釈】 二羽の兎を同時に捕まえようとする者は、結局は一羽も捕まえられないということからいった西洋のことわざ。
二つの物事を欲ばってどちらも失敗したり、中途半端に終わるものである。
また、一つの物事に集中せずあちらこちらに気を取られることへの戒めの意味を込めて使うことも多い。
「を」を略した「二兎追う者」、「は」を略した「二兎を追う者一兎も」などの形で使われることもあり、それらも間違いではない。
さらに、「二兎をも」を「二兎を追っても」「二兎を追えば」「二匹どころか」といったり、「二兎を追わねば一兎も得ない」などの変化をつけたバリエーションも多く使われる。
【出典】
【注意】
【類義】 虻蜂取らず/一も取らず二も取らず/心は二つ身は一つ/大欲は無欲に似たり/花も折らず実も取らず/右手に円を描き、左手に方を描く/欲の熊鷹股裂くる/欲張って糞垂れる/欲は身を失う
【対義】 一挙両得/一石二鳥/一箭双雕
【英語】 If you run after two hares, you will catch neither.(二兎を追う者は一兎をも得ず)
He that hunts two hares loses both.(二兎を追う者は両方を失う)
Between two stool the tail goes to ground.(二つの腰掛けの間で尻餅をつく)
【用例】 「二兎を追う者は一兎をも得ずで、副業と同時進行していたらどちらの仕事もおろそかになってしまった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス