女房の妬くほど亭主もてもせず

【読み】 にょうぼうのやくほどていしゅもてもせず
【意味】 女房の妬くほど亭主もてもせずとは、女房はとかく亭主にやきもちを妬くものだが、実際は、心配するほど亭主はよその女性にもてていないということ。

【女房の妬くほど亭主もてもせずの解説】

【注釈】 江戸時代の川柳。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「彼の奥さんは大変なやきもち妬きだが、女房の妬くほど亭主もてもせずで、ほとんど心配はいらない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス