喉元過ぎれば熱さを忘れる

【読み】 のどもとすぎればあつさをわすれる
【意味】 喉元過ぎれば熱さを忘れるとは、苦しいことも過ぎてしまえば、その苦しさや恩も簡単に忘れてしまうということ。

【喉元過ぎれば熱さを忘れるの解説】

【注釈】 熱いものでも飲み込んでしまったら(喉元のあたりを過ぎてしまったら)、その熱さを忘れてしまうことから。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「熱さ」を「暑さ」と書くのは誤り。
【類義】 暑さ忘れて陰忘る/雨晴れて笠を忘る/魚を得て筌を忘る/難産色に懲りず/病治りて医師忘る/病治りて薬師忘る
【対義】
【英語】 The danger past and God forgotten.(危険が過ぎると神は忘れ去られる)
Vows made in storms are forgotten in calms.(嵐の時になされた誓いは、平穏な日には忘れられる)
【用例】 「当時はあんなに真剣に悩んでいたのに、喉元過ぎれば熱さ忘れるということだね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス