残り物には福がある

【読み】 のこりものにはふくがある
【意味】 残り物には福があるとは、人が取り残した物の中には、思いがけず良いものがあるということ。

【残り物には福があるの解説】

【注釈】 人と競って先を争うのを戒めるときに使う。また、順番が後になった人を慰めるときに使われることが多い。
我先にと人を押しのけるよりも、人と争わず遠慮深い人にこそ幸運があるということ。
「残り物に福がある」「残り物に福あり」ともいう。
【出典】
【注意】 「残り物」を「残し物」というのは誤り。
【類義】 余り茶に福あり/余り物に福がある
【対義】
【英語】 Good luck lies in odd numbers.(半端物に幸運あり)
Sometimes the lees are better than the wine.(酒よりも澱のほうがよいことがたまにある)
【用例】 「くじを引く順番が最後だからといって悔しがることはないよ。残り物には福があるというじゃないか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス