鑿と言えば槌

【読み】 のみといえばつち
【意味】 鑿と言えば槌とは、万事に気が利くことのたとえ。

【鑿と言えば槌の解説】

【注釈】 鑿を取って欲しいと言われれば、鑿を打つのに必要な槌も一緒に持ってくきてくれるほど気が利く意味から。
「鑿」とは、木材、石材、金属等に穴を穿ったり溝を刻んだりするのに用いる道具のこと。
「槌」とは、物を打ちつけたり潰したりする道具のこと。
「鑿と言わば槌」「鑿と言えばさい槌」ともいう。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 一と言うたら二と悟れ/かっと言えば痰壺/からりと言えばあさり汁
【対義】
【英語】
【用例】 「彼女はまさに鑿と言えば槌で、夫が寝ると言えば、翌日に着る洋服や持ち物まですべて準備を整える」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス