暖簾に腕押し

【読み】 のれんにうでおし
【意味】 暖簾に腕押しとは、何の張り合いも手ごたえもないことのたとえ。

【暖簾に腕押しの解説】

【注釈】 腕相撲をする時は双方に同等程度の力があってこそ面白みがあるが、相手が暖簾では何の手ごたえもないということから。
相手が暖簾のように力もなく対抗心も持たなければ、競おうとする時に何の張り合いもないということ。
「暖簾」とは、建物や部屋の入り口に外部と内部の仕切りとして垂らす布のこと。
「腕押し」は、腕相撲のこと。
【出典】
【注意】
【類義】 石に灸/石に針/大黒柱と腕押し/沢庵のおもしに茶袋/土に灸/豆腐に鎹/泥に灸/生壁の釘/糠に釘/沼に杭/暖簾と臑押し/暖簾と相撲
【対義】
【英語】 He catches the wind with a net.(網で風を捕える)
All is lost that is given to a fool.(悪人に与えられるものは皆むだになる)
It is like beating the air.(空気を叩くようだ)
【用例】 「何時間しゃべったところで暖簾に腕押しで、彼を説きふせることなどできないだろう」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

暖簾に腕押しの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス