乗り掛かった船

【読み】 のりかかったふね
【意味】 乗りかかった船とは、いったん関わった以上は、途中でやめるわけにはいかないというたとえ。

【乗り掛かった船の解説】

【注釈】 物事を始めたり関わったりした以上は、船が出航したら目的地に着くまで下船できないのと同じように、たとえ途中で事情が変わってもやめることはできないということ。
「乗り掛けた船」「乗り出した船」ともいう。
【出典】
【注意】 「船」は「舟」とも書くが、「船」が一般的。 途中でやめることに使うのは誤り。
誤用例 「乗りかかった船ではあるが、思いもよらない事情によって断念せざるを得なかった」
【類義】 騎虎の勢い/乗り掛かった馬/渡りかけた橋
【対義】
【英語】 He that is out at sea, must either sail or sink.(海に出た以上は進むか沈むかだ)
【用例】 「このままでは赤字が確定するかもしれないが、乗りかかった船だ。諦めないで最後までがんばっていこう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス