能ある鷹は爪を隠す

【読み】 のうあるたかはつめをかくす
【意味】 能ある鷹は爪を隠すとは、才能や実力のある者は、軽々しくそれを見せつけるようなことはしないというたとえ。

【能ある鷹は爪を隠すの解説】

【注釈】 有能な鷹は獲物に知られないように、普段は鋭い爪を隠しておくことから。
転じて、いざという時にだけその真価を発揮するということ。
「能鷹(のうよう)」ともいう。
【出典】
【注意】 「能」を「脳」と書くのは誤り。
【類義】 食い付く犬は吠え付かぬ/上手の鷹が爪隠す/大賢は愚なるが如し/大賢は愚に近し/大巧は巧術なし/大巧は拙なるが若し/大才は愚の如し/大智は愚の如し/大知は知ならず/鳴かない猫は鼠捕る/鼠捕る猫は爪隠す/能ある猫は爪隠す/深い川は静かに流れる/猟する鷹は爪隠す
【対義】 空き樽は音が高い浅瀬に仇波鳴く猫は鼠を捕らぬ/能無し犬の高吠え/能無し犬は昼吠える/能無しの口叩き/光るほど鳴らぬ/吠える犬は噛みつかぬ/痩せ犬は吠える
【英語】 Still waters run deep.(静かな川の水は深く流れる)
Cats hide their claws.(猫は爪を隠す)
【用例】 「あまり出しゃばらない彼が、いざとなったらあんなに頼れるなんて。能ある鷹は爪を隠すものね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス