嚢中の錐

【読み】 のうちゅうのきり
【意味】 嚢中の錐とは、すぐれた人物は、多くの人の中にいても自然に才能が現れ、目立つものだということのたとえ。

【嚢中の錐の解説】

【注釈】 「嚢」とは、袋のこと。
袋の中に入れた錐は、その先端がおのずと袋の外に突き出て目立つことから。
『史記・平原君伝』に「夫れ賢士の世に処るや、たとえば嚢中の錐に処るが若し」とあるのに基づく。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 錐の嚢中に処るが如し/錐、嚢を通す/紅は園生に植えても隠れなし
【対義】
【英語】
【用例】 「彼は嚢中の錐だ。間違いなく大成するだろう」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

嚢中の錐(のうちゅうのきり)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
嚢中之錐の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス