糠に釘

【読み】 ぬかにくぎ
【意味】 糠に釘とは、やわらかい糠に釘を打つように、何の効き目も手ごたえもないことのたとえ。

【糠に釘の解説】

【注釈】 糠に釘を打ち込んでも、すぐに抜けて効き目がないことから転じて、さっぱり手ごたえがないことをいう。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「糠味噌に釘」とは言わない。
【類義】 石に灸/石に針/大黒柱と腕押し/沢庵のおもしに茶袋/土に灸/豆腐に鎹/泥に灸/生壁の釘/沼に杭/暖簾と臑押し/暖簾と相撲/暖簾に腕押し
【対義】
【英語】 Bolt the door with a boiled carrot.(ゆでた人参で戸締りする)
All is lost that is given to a fool.(愚か者に与えられるものは全て無駄になる)
【用例】 「君には、何を言っても糠に釘だね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス