濡れぬ先の傘

【読み】 ぬれぬさきのかさ
【意味】 濡れぬ先の傘とは、失敗しないように前もって準備をしておくことのたとえ。

【濡れぬ先の傘の解説】

【注釈】 雨が降って濡れる前に、手回しよく傘を用意しておく意味から。
「濡れぬ」の「ぬ」は「濡れる」の打ち消しの助動詞で、「濡れる先の傘」としても意味は変わらないが、ことわざでは「濡れぬ」を用いる。
【出典】
【注意】
【類義】 石橋を叩いて渡る遠慮なければ近憂あり後悔先に立たず/事を事とすればすなわちそれ備えあり/転ばぬ先の杖備えあれば憂いなし/遠き慮りなければ必ず近き憂えあり/跳ぶ前に見よ/念には念を入れよ/降らぬ先の傘/良いうちから養生/用心に怪我なし/用心には網を張れ/用心は前にあり/予防は治療に勝る
【対義】 渇して井を穿つ泥棒を捕らえて縄を綯う/盗人を見て縄を綯う
【英語】 Forewarned is forearmed.(警戒は警備なり)
Prevention is better than cure.(予防は治療にまさる)
【用例】 「いつ災害が起きても困らないように、防災グッズを玄関に置いておこう。濡れぬ先の傘だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス