濡れ手で粟

【読み】 ぬれてであわ
【意味】 濡れ手で粟とは、何の苦労もしないで多くの利益を得ること、骨を折らずに金をもうけることのたとえ。

【濡れ手で粟の解説】

【注釈】 濡れた手で粟をつかむと、たくさんの粟粒がくっついてくることから。
「濡れ手で粟の掴み取り」ともいう。
【出典】
【注意】 「濡れ手で粟」を「濡れ手で泡」と書き、いくら努力しても利益がないという意味で用いるのは誤り。
誤用例 「朝から晩まで働きづくめなのに、さっぱり売り上げが上がらない。濡れ手で泡とはこのことだ」
「濡れ手に粟」の実例も多いが、本来は「濡れた手で粟をつかむ」のだから「濡れ手で粟」が正しい。
【類義】 一攫千金/一攫万金/漁夫の利/濡れ手で粟のぶったくり
【対義】
【英語】 To make one's fortune at one stroke.(一挙に産を成す)
【用例】 「競馬で大穴を狙って、あわよくば濡れ手で粟なんてことを考えても、そう上手くはいかないよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス