盗人にも三分の理

【読み】 ぬすびとにもさんぶのり
【意味】 盗人にも三分の理とは、悪事を働いた者にも、それなりの理由はあるものだということ。また、どんなに筋の通らないことでも、その気になれば理屈はつけられるものだということ。

【盗人にも三分の理の解説】

【注釈】 泥棒の側にも、盗みをしたそれなりの理由や言い分があることから。
また、どんなことであっても、つけようと思えばそれなりの理屈がつくものだという意味。
「三分」は「十分の三」で、泥棒にも盗みをしなければならない理由が十分の三くらいはあるということ。
「盗人」は「ぬすっと」とも読む。
「盗人にも三分の理あり」ともいう。
【出典】
【注意】 「理」を「利」と書くのは誤り。
【類義】 柄の無い所に柄をすげる/乞食にも三つの理屈/泥棒にも三分の道理/盗人にも五分の理/盗人にも一理屈/藪の頭にも理屈がつく/理屈と膏薬はどこへでもつく
【対義】
【英語】 The wrongdoer never lacks a pretext.(悪いことをする者は口実には事欠かない)
Every man has his own reason.(人は皆それぞれの理屈を持っているものだ)
Give the devil his due.(悪魔にも権利は与えよ)
【用例】 「盗人にも三分の理があるというから、一応話だけは聞いておくよ。だからといって私の考えは変わらないがね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス