盗人に追い銭

【読み】 ぬすびとにおいせん
【意味】 盗人に追い銭とは、損の上にさらに損を重ねることのたとえ。

【盗人に追い銭の解説】

【注釈】 盗人に物を盗まれた挙句、さらに金銭をくれてやる意味から。
「追い銭」とは、支払った上に、さらに払う余分な金。
「ぬすびと」は「ぬすっと」とも読む。
「盗人に追い」ともいう。
【出典】
【注意】 「追い銭」は「おいぜに」とは読まない。
【類義】 泥棒に追い銭/盗人に銀の鉈
【対義】
【英語】 Throwing good money after bad.(損失に対してさらに大金をつぎ込む)
【用例】 「毎回高価なプレゼントや高級ホテルでの食事を求められたのに、別れるときには手切れ金まで要求されて支払ったなんて、まるで盗人に追い銭じゃないか」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス